行政書士わたなべ法務事務所は全国どこでもご依頼可能です。

お気軽にお問い合わせ下さい。 

TEL/0795(36)0517
FAX/0795(36)0519
MENU⇒ どんな事務所? 行政書士の使命 料金 特定商取引法に基づく表示 サイトマップ お問い合わせ



どんな事務所?
事務所紹介

メインコンテンツ
内容証明の知識
内容証明
ご依頼される方へ
オークション詐欺
〜内容証明〜
クーリングオフ
相続
相続Q&A
遺言書を書こう
遺言書Q&A
車庫証明代行

料金
料金表

JCBDCVISANICOSダイナースアメリカン・エキスプレスセゾンマスターカード
おすすめ情報

特定商取引法に
基づく表示

サイトマップ

お問い合わせ

リンク
日本行政書士会連合会
総務省
民法 相続
日本税理士会連合会
日本司法書士会連合会
日本弁護士連合会

Google

WWW を検索 サイト内を検索



私がアドバイスさせて頂きます


国民的プロジェクト
みんなで温暖化を防止しよう↓


「行政書士わたなべ法務事務所」は
チーム・マイナス6%に参加しています。

行政書士わたなべ法務事務所
〒679-1322
兵庫県多可郡多可町加美区鳥羽664番地7
TEL 0795(36)0517 
FAX 0795(36)0517
Eメール info@g-watanabe.com

内容証明を出そうとお考えの方へ
■交通事故の損害賠償を請求したい
■お金を払ったのに商品が届かない
■売掛金の回収
■クーリングオフがしたい
■契約解除したい
■離婚の慰謝料を請求したい
■浮気に対する慰謝料を浮気相手に請求したい
■敷金を取り返したい
■違法な取立てをやめさせたい
■ストーカー行為をやめさせたい
■労働問題(賃金の未払い、突然の解雇など)
■会社での不当な扱いに対して損害賠償請求したい
など

・確実に相手に伝えたい事
・話し合いで解決ができないと判断した時
など、生活の様々な場面で内容証明は威力を発揮します。
お困りの場合はまず、ご相談頂き、内容証明についてのみならず
解決の道をアドバイスさせて頂きます。
□専門家に任せる利点とは□
 内容証明にて、何かを相手に伝える時ポイントとなるのは、法的根拠です。「あたなの行為は○○法の第○条に違反しています。よって、○○法第○法に基づいて○○します
このように、請求の根拠を示す文書を盛り込む事が重要となりますが、これは普通の生活を送られている方にはわからなくて当然です。そういった部分において、専門家は詳しく状況を聞き、判断致します。また、仮に裁判になった場合、どのような判決になるのか、過去同じような事案で裁判になった例(
判例)を探すなどして、相手が勝ち目なしと理解させるなどの工夫を致します。
相手が受け取った時、
専門家の名前がある事による心理的プレッシャーも与えられます。
このように、専門家に依頼する事により、あれこれ悩んだり、無駄に時間をかけなくても、
迅速に解決する可能性が非常に高くなります。
ご相談はこちらから

離婚の慰謝料を請求したい

==離婚の慰謝料を請求したい!==

@離婚の原因はなんですか?
  
 離婚に関して発生するお金は、財産分与、養育費、慰謝料などがあります。財産分与は婚姻してから手に入れた財産は夫婦共有であるとの考えより、離婚の際は夫名義のものであっても請求ができるというものです。また、養育費は夫婦間に子がいた場合の子供の請求権です。
  慰謝料とは、性格の不一致など特に相手に非がなく、両者の合意にて離婚した場合、発生しません。相手の暴力、浮気、悪意の遺棄(お互いが一緒に暮らして協力していく義務があるのに、家に帰らず、生活費も入れないなど)がありますと、相手が原因で離婚という事になりますので、慰謝料の請求が可能となります。つまり、夫婦間の義務に違反して離婚に至った事に対する精神的苦痛についての損害賠償請求という考え方です。

A慰謝料の相場は
  基本的に慰謝料は両者の合意があれば、いくらでも構いません。1万円でも納得すればそれで良いですし、5000万円を提示されても納得いなかい場合もあるかもしれません。つまりそれぞれの状況、婚姻期間、離婚原因によりどのようにもなるという事です。しかし、1万円や5000万円などは本当に特殊な話ですので、通常の大体の相場を申しますと100万から300万円といったところでしょうか。(裁判になった時に判断される金額です)折り合いがつかない場合は、この相場より話し合いを進められる事がよくあります。

B証拠などはありますか?
  相手の非を証明する証拠は非常に重要となります。もし、裁判になった場合はもちろん、その前の交渉においても、もし証拠がなければそんな事は知らないと言われてしまうかもしれません。浮気現場の写真、夫の暴力による医師の診断書等、離婚原因になる相手の行為を証明するものを探す、または作って下さい。決定的な証拠でなくても、その件に関して話し合う時はメールにするなどして、かたちに残るようにする、文書にて慰謝料を請求し、その中にあいまいな表現を使用し「違う、そこはこうだ!」と反論できるようにしておき、文書で反論させる(その部分を訂正するという事は、その他の事実は認めたという事になります)など、いろいろと手段はあります。
証拠がない場合は一度ご相談下さい。

C内容証明で請求
  話し合いで解決できれば、このような手段は必要ありませんが、相手が支払わない、話し合いに応じないなど、通常の方法で打つ手なしと判断した場合、内容証明郵便にて請求する事をお勧め致します。これは、どれだけ効果的な文面で請求するかが非常に重要なポイントとなります。
当事務所では、相手の性格などをよくお聞きしその相手に対し最も効果的な文書を作成させて頂きます。

D相手が支払おうとしない場合
  裁判所の手助けを借りる事は、いつでもできますが、あくまで最後の手段とお考え下さい。こちらが正当な請求、正当な金額を主張しているのであれば、逃げても絶対に無理であるという事をわからせるよう努力しましょう。

その他にもたくさんのポイントがあります。
ご相談はこちらから
お困りの際はお気軽にご連絡下さい。
  


当事務所が内容証明に関してお手伝いできる事
あなたの状況に応じた内容証明文書を作成します。
その後の出し方など100%アドバイスさせて頂きます 

(コピーして郵便局に持って行くだけ)

お見積りはこちらから
5,980円〜
(難易度により異なる)
忙しくて郵便局にいけない!
上記に加えて、送付まで頼むと言う方(郵便代込)
+3,500円
※内容証明に関するサポートはWEBショップにてご依頼頂けます
行政書士事務所でカードが使えるのは日本中でココだけ!

内容証明文書作成の平均報酬
17,913円(日本行政書士会連合会調べ)


重要:当事務所の考え方

お客様の立場で考え、問題解決まで責任を持ってアドバイスさせて頂きます

事務所概要-プライバシーの考え方-免責事項-特定商取引法に基づく表示 
©行政書士わたなべ法務事務所 All Rights Reserved